〈十三日目〉 平成19年 3月24日 土曜日 晴れ 丸子宿〜岡部宿〜藤枝宿
【安倍川を渡りとろろ汁で有名な丸子宿へ】

〈府中・安倍川 江戸より19番目の宿〉
 わずか三日前に由比から江尻までを歩いたばかりであるが、青春18キップが使えるうちに少しでも遠くに行っておきたい。

今日は、喜多さんと二人で磯子発6時30分の電車で出発。熱海で乗り継いで9時30分に安倍川駅に到着した。つい一週間前帰りの電車に乗った駅に着いて、今日は宇津ノ谷峠を目指して歩き始める。

先日通ってきた道を戻れば良かったのだが、住宅街を北に向かって歩いていたら、どうも道がよくわからない。

丸子川のほとりで測量をしていた人に、旧東海道を聞いたがよくわからないという。それでも川の上流を遡ったところが旧道らしいと教えてもらい、川に沿って歩くことにした。

〈安倍川橋 対岸は遠い〉
【第20次 丸子宿 とろろ汁と宇津ノ谷峠】

〈丸子・名物茶屋 江戸より20番目の宿〉
丁子屋

丸子川はそんなに大きな川ではなく、歩道はよく整備されて気持ちがいい。朝の散歩らしい年寄りも何人か歩いていた。
そのうち右に旧道らしき家並みと道が見えてきたので、そちらを歩くことにした。丸子の街は古い家も結構残っている。

お七里役所跡という碑があったので、説明文を読んでみると、紀州藩のような親藩の大藩は、江戸との通信のために七里ごとに役所を設け、最短での連絡網を自前で作っていたという。

その先に、なつかしの「丁子屋」が見えてきた。
なつかしのというのは、姪の結婚式が浜松であったときに、この「丁子屋のとろろ汁」をガイドで読んで、食べに寄ってみたことがあったからだ。


〈数年前に食べに寄った丁子屋、いつも行列ができている〉
 そのときは車で来たが、今回は歩いてきた。

ただ、今回は朝が早いので店はまだ開いていない。名物「とろろ汁」も一度食べたことだし、開店まで1時間もある。とても待っていられないので先に進むことにする。

喜多さんは手前の売店で天津栗を買っていた。

弥次さんが東海道を歩くきっかけの一つになったのは、冒頭で紹介したとおりこの「丁子屋」かも知れない。
前に来たときにここの売店で息子のお土産に「東海道五十三次絵はがき」を買ったのだ.。 しかし、息子が関心を持たないので自分用に本棚にしまっていたまま忘れていた。

あれからもう4〜5年も経つことだろう。まさか、ここまで歩いてくるとはあの時は思いもよらなかった。

〈この日は朝早かったので開いていなかった〉
 あるときふと開けてみると、日本橋から始まる広重の絵が素晴らしいことに改めて気づいた。
「この絵の場所が今も残っているだろうか」と思ったのが、東海道を実際に歩いてみようと思った動機のひとつになっている。

ましてやこの丸子宿の丁子屋の風景は、広重の絵そのものだ。
とろろ汁の看板の左には、弥次さん喜多さんらしい二人がとろろ汁を食べている。
膝栗毛では、派手な夫婦けんかが始まって、とろろ汁を食べるどころではなかったが、
広重も十返舎一九を意識して、この絵を描いたのであろう。

〈岡部・宇津之山 江戸より21番目の宿〉
宇津ノ谷峠

 丁子屋から左の丸子橋を渡り、しばらく国道沿いを歩くと左手に道の駅がある。


この先はいよいよ宇津の谷峠越えだ。

道の駅の食堂でさくら海老のかき揚げそばを注文、腹ごしらえをして出発。左には「蔦の細道」の案内板がある。

〈宇津ノ谷峠を越える〉
 この「蔦の細道」は、在原業平ゆかりの古道で、古代の東海道だという。
そちらも歩いてみたかったが、今回は東海道五十三次をめぐる旅なので、宇津ノ谷峠を越えることにする。

この宇津ノ谷峠は、豊臣秀吉が北条氏攻略の際に開いた道だといわれている。
歩道橋を越えて、右の道をしばらく行くと案内板があり、街道は左に分かれる。

この先が宇津ノ谷の集落である。

〈タイルが敷かれた道、正面が宇津ノ谷峠〉〉

道はタイルが敷かれ、とても山奥の集落の道とは思えない。
子どもが元気に遊び、その母親がのんびりと世間話をしている。そんなのんびりとした集落であった。
向かいの山が宇津ノ谷峠だ。あの山を越えて岡部宿に向かう。
家々にはかつての屋号が下げてある。
今通ってきた丸子宿にも家という家に屋号がかけてあったが、どうも観光客用の装飾品のような気がする。
それとも本当に当時の屋号だった人の子孫がみんな住んでいるのだろうか。

「慶龍寺」は鬼退治伝説の「十団子」で知られる寺だ。

十団子(とおだんご)の伝説

『むかし、この地にあった梅林寺という寺の住職に腫れ物ができた。
小僧に膿を口で吸いださせたところ、その小僧は人肉の味を覚えて、この宇津ノ谷峠を通る旅人を捕まえては食べる鬼になってしまった。

ある日、峠に一人の僧侶がやって来て、この僧侶の前にも鬼と化した小僧が現れた。
「ほう、大きいな。お前はなんにでも化けられるというが、小さいものにも化けられるか。今度は小さな団子に化けてみよ」
と僧侶にそそのかされて、鬼は僧の手のひらに乗る小さな団子に姿を変えた。

僧侶はこの団子を杖でたたいて十にくだき、ぺろりと飲み込んでしまった。

この僧侶は、実は宇津ノ谷峠の地蔵堂の地蔵菩薩であったという。』


十団子を売っている店を探してみたが、特にお祭りでもない日だったので見当たらなかった。
お羽織屋

宇津ノ谷峠は、秀吉が小田原攻めをする際に開いた道だという。秀吉が通った際、馬にはかせるわらじを所望したところ、四は死につながり縁起が悪いからと三つしか渡さなかったという。
その機知を喜んだ秀吉が着ていた羽織を与えたのだそうだ。
それが今日も残っていて「お羽織屋」として「秀吉拝領の羽織」を公開しているというが、
パスして先を急ぐことにする。

しかし、こんなに狭い道を大名行列が通ったの?というほどの道だ。
この竹林は丸子側の上り道であるが、広重の絵は岡部側の下り道であるらしい。


〈秀吉からもらった羽織〉
 司馬遼太郎の「風神の門」は、大阪の陣を前に、真田幸村にほれ込んだ伊賀の忍者「霧隠才蔵」と
甲賀の忍者「猿飛佐助」が駿府の「徳川家康」を暗殺しようと、江戸方についた風魔の「獅子王院」と戦う、非常に面白い時代小説だ。

才蔵と佐助は、三好晴海入道と小若とで九度山から、亀山、四日市、桑名を通り駿府へ向かう。

『駿河岡部宿についたときは、まだ日が高かった。・・・
才蔵は腕を組み、明かり窓からわずかにのぞいている宇津谷(うつのや)峠を見た。
峠の道は二里。箱根に次ぐ難所といわれている峠だ。
道は馬一頭がかろうじて通れるほどの狭さで、樹木が天をおおい、昼なお暗い。
平安のむかし、在原業平
(ありわらのなりひら)の著といわれる「伊勢物語」にも、
 ゆきゆきて駿河の国にいたりぬ。宇津の山にいたりて、わが入らむとする道は、いと暗う細きに、
蔦楓(つたかえで)はしげり物心ぼそく・・・とある。
「むかしも、いまも、宇津谷峠のすさまじさはかわらない。』

さすがに司馬遼太郎先生。
文章のうまさが、宇津ノ谷峠の情景を彷彿とさせる。
【第21次 岡部宿 大名が泊まると隣の宿から夜具を借りるほど小さな宿場だった】
大旅籠柏屋歴史資料館

峠を下りきったところに「坂下の鼻捕り地蔵」がある。
このあたりで牛がどうしても動かなくなり、弱りきっていたらこのお地蔵さんが牛の鼻を取って動かしてくれたという。何とも素朴な伝説である。

やがて国道一号線と合流し、道の駅を過ぎて県道208号線へ。
十石坂観音堂あたりから岡部宿へはいる。
左手にりっぱな旅籠らしき建物が見えてきた。もとは旅籠であった柏屋を整備した「大旅籠柏屋歴史資料館」である。

この建物は天保7年(1836)に建てられたものだという。
喜多さんと二人で早速上がりこんで見学する。ごく最近整備されたらしく、やたらあちこちがきれいである。

〈柏屋歴史資料館〉

弥次さん喜多さんらしい旅人が食事をしている。

江戸時代のほとんどの旅人が泊まった旅籠は、このようにきれいなものではなかっただろう。
このような立派な旅籠に泊まれたのはごく一部の金持ちだけで、弥次さん喜多さんは実際木賃宿に泊まったりもしている。その木賃宿に巡礼の親子が泊まっていたりする。

当時の晩御飯が再現されていたりするが、どうしてどうして立派なもので、うちの晩飯と変わらないじゃないの・・・と喜多さんと話しながら見学をする。


〈酒もうまそう、肴もおいしそう〉

受付のおじさんに挨拶をしてまた弥次喜多道中は続く。

この先には「五智如来像」がある。むかし、口のきけない姫君がこの五智如来像に願をかけて話せるようになったという伝説があり、今も地元の人の信仰が厚いという。
街道沿いにはこのような伝説のあるお地蔵さんが多い。
まったくの作り話と言うのではなく、実際に偶然かもしれないがこのようなことがあったのだろうと思う。

国道一号線と分かれて葉梨川を渡った先で道に迷った。

地図を見ながら歩いてはいたものの、松並木らしき道に気をとられて右に折れなければならないところを、まっすぐに歩いてしまった。
喜多さんが地元のおじさんに聞いたところ、まったく違う道だった。
200メートルばかり戻って、川を渡ってすぐに右に折れる道に出ると、確かに旧東海道と書いてある標識があった。

前方に大きな楠が見えてきた。「須賀神社の大クスノキ」だ。
このあたりで足が痛くなってきたので休憩することにした。
ちょうど目の前に大きいスーパーがあったので、焼きそばと簡単な惣菜を買ってベンチで一休み。
今日は藤枝まで行かなければならないので、ここでへばるわけにはいかない。


〈柏屋 パンフ〉
【第22次 藤枝宿 瀬戸の染飯が名物だった】

〈藤枝・人馬継立 江戸より22番目の宿〉
 広重の藤枝の人馬継立は、風景の特徴がないので現在の風景と対比させるのが難しい。

この写真は藤枝宿の松並木だが、東海道をあるいて楽しいのはこのような立派な松並木があちこちに残っていることだ。

〈藤枝 旧東海道沿いの松〉
瀬戸の染飯

 東海道のガイドブックには藤枝といえば街道名物の「瀬戸の染飯」を忘れてはならないと書いてある。

強飯をクチナシの汁で染め、すりつぶして小判形に薄くして乾かしたもので、街道の茶店で売られていたそうだ。
クチナシは疲労回復に効くとされ、旅の携帯食として重宝されたらしい。
膝栗毛にも
「やきものの名にあふせとの名物はさてこそ米もそめつけにして」
とある。

藤枝駅前の「喜久屋」で売られているとあったので、後日藤枝から歩き始めたときに寄ってみたが朝早すぎてまだ開いていなかった。

〈瀬戸の染飯版木碑〉

たいしておいしいものではないと思うが、旧東海道の名物は基本的には食べてみたい。また機会があれば寄ってみようと思う。

川会所跡の公園でトイレ休憩をして、今日のところは藤枝駅から帰る予定だが、喜多さんがかなりつらそうだ。
あと何百メートルかで駅に着くのだが、バスに乗ろうという。
なだめすかして何とか歩いて藤枝駅にたどりついた。

次回はいよいよ「越すに越されぬ大井川」を越える旅に出ることになる。

実はこの時点では箱根八里をまだ越えていなかったので、大井川の方を先に渡ることになる。


〈瀬戸の染飯〉
目次
inserted by FC2 system