平成28年10月19日 水曜日 晴れ 新千歳空港~苫小牧~長万部 
 
   
北海道ローカル線の旅 第2弾

 本当は8月30日に来る予定だった北海道に2か月近く遅れてやってきた。往復のANAも6泊分の宿泊も、北海道フリーパスもすべて購入するか、予約してあったのに、台風10号が北海道に上陸して飛行機が全便欠航になるという報道だったので、前々日にすべてキャンセルしたのだ。

遊びのキャンセルは致し方ないのだが、北海道の鉄道はあちこちで大きな被害を受け、不通になった路線が多い。乗る予定だった釧網本線、石勝線、石北本線なども土砂災害などで不通になっているようだ。
約2か月が経ち、少し復旧してきたようなので、思い切って北海道にやってきた。

〈7日間JR北海道乗り放題 北海道フリーパス〉
   
 
〈JR北海道は瀕死の状況 12月4日に廃線になる留萌本線留萌~増毛間は100円稼ぐのに2538円かかる道内最悪の赤字線区だという〉
   
 2016年12月6日付けの読売新聞には、12月4日に廃線になった留萌本線留萌~増毛間の記事が大きく出ている。

『JR北海道が11月、抜本的な経営改善策として、全線区のほぼ半分について廃止を含めて運営を見直す方針を
発表した。赤字線区は、九州、四国でも重い経営課題となっている。国鉄分割民営化でJR各社が発足してから
来年で30年。地域の足を支える鉄路が大きな岐路を迎えている。』

昨年の夏、青春18きっぷで稚内から宗谷本線で旭川へ、さらに函館本線で札幌・小樽・長万部を経由して函館、
江差線、津軽海峡線で青森へと北海道を縦断する鉄道旅をした。
今回は、一日目千歳空港から室蘭本線で苫小牧~長万部往復で苫小牧泊。
二日目は高波被害でで鵡川~様似間は不通となっている日高本線で鵡川まで往復、さらに夕張経由で
滝川から根室本線で富良野泊。

三日目は旭川から深川経由で、12月4日に廃線になる留萌本線で増毛まで往復し旭川泊。
四日目は旭川から石北本線で網走、さらに釧網本線で釧路を目指し釧路泊。
五日目は根室本線(花咲線)で根室、さらにバスで納沙布岬へ、釧路へ戻りもう一泊。

六日目は釧路から根室本線で帯広へ、8月の台風の影響で不通となっている区間は臨時バスでトマムへ。
トマムからは石勝線で札幌へ行き宿泊。
最終日は、札幌から前回行けなかった余市のニッカウィスキー工場を見学するという、北海道をほぼ横断する鉄道旅の予定だ。
   

〈千歳空港から南千歳駅へ さらに苫小牧を目指す〉
   
苫小牧

 苫小牧に初めてやってきた。

苫小牧と聞いて何を思い浮かべるだろうか。職業柄王子製紙が一番に、二番には田中マーくんの駒大苫小牧高校だろうか。

そのほかには・・・・・
何も思い浮かばない。

しかし、まだ乗っていない室蘭本線の長万部から東側を制覇するためには苫小牧に泊まるのが最適と判断した。
 
〈苫小牧駅〉
   
衣服選択の難しさ

 横浜を出発した時には、半そででもいいくらいの陽気で、長袖シャツを少しまくり上げて羽田から飛行機に乗った。

千歳空港に着いてみれば、さすがに少し寒く、リュックとは別のバッグに、コート・セーター・マフラー・手袋を念のために入れてきたので、セーターだけ取り出して着ることにする。

いつもリュック一つを背負って旅しているので、この冬支度バッグはじゃまだ。本日泊まる東横インに預かってもらうため駅前のホテルに向かう。
 
〈本日の宿は東横イン〉
   

〈さすがに製紙の町 王子製紙の城下町といった雰囲気〉
 
〈苫小牧はアイスホッケーでも有名〉
   

〈特急スーパー北斗12号で長万部に向かう〉
   

〈こちらは札幌に向かうスーパー北斗7号〉
 
〈いつもの青春18きっぷだと普通車だけだが今回は特急も乗り放題〉
   
室蘭本線

 昨年の夏、稚内から宗谷本線で旭川へ、旭川からは函館本線で長万部を経由し函館・青森に向かった。

おととしの夏、レンタカーで喜多さんと富良野・美瑛から小樽・積丹半島を回った時には、この近くの支笏湖や洞爺湖、有珠山・昭和新山も観光したのだが、室蘭本線にはまだ乗っていない。

往復同じ路線ではもったいないが、効率よく乗りつぶすためには長万部で降りてまた苫小牧まで戻ってくることにする。室蘭本線は、長万部から岩見沢までの47駅、211kmの路線だ。
 
   

〈おととしの夏ロープウェイで上った有珠山と、昭和18年に隆起してできた昭和新山が室蘭本線から見えた〉
   

〈約1時間半で長万部駅に到着 前回は乗り換え時間に長万部温泉に行ったが、今回は時間が足りない〉
   
 
〈ただ折り返すのはつまらないので、前回も行った海岸まで散歩する〉
   

〈正面には独特の形の函館駒ヶ岳が見える〉
   

〈左手は洞爺湖方面、右の先端は室蘭だ〉
   
北海道フリーパス

 JR北海道の新幹線を除く全線で特急も乗り放題。指定席も6回まで使えて7日間有効。
26,230円を安いとみるか、高いとみるか。使い方次第だろう。

今回は、7日間フルに使うので、その都度きっぷを購入すれば6万円を超える計算になる。もっとコストパフォーマンスを上げるつもりなら、宗谷本線や函館本線を特急で乗り続けるという手もあるが、さすがにそこまでは体力もない。
 
〈前回買って食べた有名なかにめし弁当 今回はパス〉
   
今回乗る予定の路線は、
①室蘭本線 苫小牧~長万部
②日高本線 苫小牧~鵡川
(鵡川~様似は水害で不通)
③石勝線  追分~夕張 ④室蘭本線 追分~岩見沢
⑤函館本線 岩見沢~滝川 
⑥根室本線 滝川~富良野
⑦富良野線 富良野~旭川 ⑧留萌本線 深川~増毛
⑨函館本線 深川~旭川 ⑩石北本線 旭川~網走
⑪釧網本線 網走~釧路

⑫根室本線 釧路~根室~帯広
⑬石勝線・千歳線  トマム~南千歳~札幌
⑭函館本線・千歳線 札幌~余市~新千歳空港


以上だ。この中には今年で廃線になる路線もある。JR北海道のローカル線の経営状況は厳しい。
 
〈しゃれたオブジェと思ったらゴミ収集ボックスだった〉
   
番外編に戻る 2日目へ
   
inserted by FC2 system