平成18年4月14日(金)〜16日(日) 奈良吉野へ桜を見に行く
 
〈吉野山の桜〉

〈竹林院で撮った写真 心霊写真か デジカメなのに煙のような光が渦巻いている〉
 
〈吉野山 上の千本から〉
 

〈吉水神社 源義経潜居之間〉

〈吉水神社 源義経の腹巻 重要文化財とあるが・・・〉

〈吉水神社 後醍醐天皇玉座 南北朝で争っていた時の皇居〉

〈甘樫の岡から見る畝傍山〉
 
〈飛鳥寺の日本最古の仏像 聖徳太子もこの仏像の前で拝謁したという〉
 平成23年5月になって思い出しながら書いている。

吉野に泊ろうと思ったが、さすがに桜の季節の吉野の旅館は空いていなかった。
奈良ロイヤルホテルに2泊して、1日目は吉野で花見を堪能したが、吉水神社では、南北朝で争っていた時の
後醍醐天皇の玉座や、源義経が弁慶や静御前とともに、奥州に逃げる前にこの地に潜伏していた時の部屋や、
腹巻などがあり、びっくりした。

重要文化財と書いてあったが、800年以上も前のものだ。他にも静御前の着物なども展示してあった。
あまりにきれいなので、ほんとかいな?と思っていたら、どこかでテレビの撮影に使ったものだと書いてあったので、
さもありなん・・・と納得した。重要文化財はないだろう。


2日目は、レンタサイクルで甘樫の岡から石舞台方面を回ったが、歴史好きの弥次さんにはたまらない所だ。
この場所で大化の改新が行われたのだ。

〈蘇我入鹿の墓〉 
   
 
〈酒を作ったともいわれる石が無造作に置いてある〉         〈古代のロマンを感じさせる石の遺跡〉
 
〈蘇我馬子の墓ともいわれる石舞台〉
 3日目は、電車とバスで法隆寺、薬師寺、中宮寺、唐招提寺などを巡ったが、京都と一緒でどうにも見どころが多すぎる。

定年になったあかつきには、ウィークリーマンションでもひと月借りて、奈良の歴史を堪能したいとひそかに思っているところだ。

そういえば、奈良には聖徳太子も歩いたという日本最古の道と言われる「山の辺の道」がある。これは是非歩かねばなるまい。
 
〈民家の庭先にある亀石〉 
   
 
〈東大寺で大仏様を拝観 中学の修学旅行以来〉
 
〈法隆寺 夢殿 五重塔では鬼が梁を支えているのが面白い〉
戻る
inserted by FC2 system