〈九日目〉 平成19年 2月24日 土曜日 小雨のち曇り 三島宿〜沼津宿
【第11次 三島宿 源頼朝が源氏再興祈願をした三島大社 伊豆の国一ノ宮】

〈三島・朝露 江戸より11番目の宿〉
三島大社

 喜多さんが沼津の千本松原は一緒に歩きたいというので、三島〜沼津間は後回しにして先に原〜富士川までを歩いていた。だからまた順番がくるってしまった。

今日は平塚の家に車を置かせてもらい、喜多さんと二人で平塚駅から三島に向かう。

天気は晴れの予報だったのに、三島についたら小雨が降っていた。
駅前のコンビニで600円の傘を買い、ついでにおやつも買って三島大社を目指す。

〈三島大社の鳥居は今も変わらない〉
 楽寿園の前を通り過ぎ、白滝公園の脇で子どもの声で呼び止められた。「三島のお水をどうぞ」。

さすがに富士山の伏流水の三島市。旅人が気楽に水を飲めるように水飲み場にテープで案内を流していた。


〈伊豆の国一ノ宮〉

箱根越えをするということは、江戸時代の旅人にとってかなり大変なことだったのだろう。
何事もなく三島宿についた旅人は、「山祝い」をしたという。
従者には祝儀を出し、宿では多少の散財をして無事を祝ったそうだ。

三嶋大社は伊豆の国一の宮。
三島は伊豆の国の国府があったところで、三島大社の門前町としてにぎわっていた。
源頼朝が源氏の再興を祈願したことでも知られる。

治承4年(1180)頼朝は、源氏再興を祈願して100日もの間、毎晩流されていた蛭ヶ小島(ひるがこじま)から三島に日参をしたといわれている。


〈喜多さんになりきってみた〉
 三島大社には、名物福太郎餅がある。

むかしむかしからお田打ちと呼ばれる御祭りが三嶋大社にあるそうな。
黒いお面をつけた福太郎が福の種をまくそうな。
それまけ、やれまけ、たんとまけ。
福太郎がお祝いのお餅になったそうな。

「福太郎」は生命力を宿すという餅と、邪を払うというヨモギをつきこんだ、百薬・百味の食べて福を呼ぶ、健康を作り出すヨモギ餅です。
あんは烏帽子の形、甘さを控えた上品な味に仕上げています。


と、しおりには書いてある。
ヨモギの香りがするおいしい餅である。
我が家では息子が大好物で赤福よりおいしいと言っていた。

〈三島大社の縁起餅 福太郎〉
 三島大社にお参りした弥次さん喜多さんは、この鳥居の前で右に進むべきか左に進むべきか迷った。
三島駅方面から来れば、裏の入り口から入ることになるため、どちらが西かわからなくなったのだ。

やっと、方向がわかって沼津方面に歩き始める。

「西見附跡」の先に道と平行して走る水路は、「千貫樋」といい、
天文24年(1555)今川、武田、北条の和睦がなり、北条氏康の娘が今川氏真へ嫁ぐときの引き出物として、氏康が小浜池(楽寿園内)から長堤を築き、その水を駿河に疎通させるために造ったという。

残念ながら、関東大震災で壊れたため現在はコンクリートで作り直されている。


〈三島大社の境内では名物福太郎餅が売られている〉
義経と頼朝の対面石

 しばらく進むと立派な一里塚が両側にあり、その先に長沢八幡宮がある。
この八幡宮の境内には、源頼朝が挙兵したときに、奥州から駆けつけた義経と対面したといわれる「対面石」がある。

このような伝説は本当のこともあるし、うそのことも多いが、とりあえず弥次さんも喜多さんも、この「対面石」に座って頼朝と義経の気持ちになってみた。

兄の挙兵を聞いた義経は、いてもたってもいられなかったであろう。
幼名を牛若丸といい、鞍馬の寺で育てられた義経は、やがて自分の生い立ちを聞かされ、奥州に逃れ藤原秀衡の庇護を受ける。

この対面石での出会い以後、一の谷・屋島・壇ノ浦と平家を滅ぼす最大の功労者となった。
しかし、兄の許可なく官位を受けたことなどで頼朝に疎んじられ、ついには奥州で攻められ自刃した。あわれ、九郎義経。ちょっとやりすぎたか。

〈義経はこの石に座って兄頼朝に対面したという〉
乗運寺 若山牧水の墓がある

このあとは沼津港まで歩いてうまい寿司でも食べて帰ろうと思ったが、いつまでたっても沼津港にたどり着かない。あきらめて途中で右に折れ千本松原を目指す。若山牧水記念館を通り抜けて、松林を越えたところで、きれいに手入れされた寺を見つけたので入ってみた。

乗運寺といって、若山牧水の墓がある。千本松原は、この寺の住職が武田と今川の戦いで武田方により切り倒された松を植えなおしたことで、今の千本松原があるということらしい。

この日は、約二万歩で終了。この乗運寺の前にバス停があったので、バスを待って沼津駅まで帰ることにする。

沼津駅から、ちょうど御殿場線の電車が来ていたので、乗ったことのない御殿場線で帰ることにした。御殿場線は、現在の東海道線が開通する前の旧東海道線だ。三島〜熱海間のトンネルを通らずに箱根の北側を通ることになる。


〈若山牧水の墓〉
 熱海経由の東海道線に比べるとずいぶん時間がかかる。御殿場、足柄、山北、曽我と一時間半近くかかって国府津駅に着いた。
二月の梅の時期だったので、曽我では車窓からたくさんの梅林に咲き乱れる梅の花が見える。


国府津で東海道線に乗り換えて、平塚に戻り、車で横浜の我が家へ。

このころまでは、まだ横浜の近くでもあったし、早朝に出かけて目指す宿まで何が何でも歩こうという気持ちはあまりなかった。
疲れたら適当に切り上げて帰ろうと思っていた。だから、この日は東海道を歩いた距離はガイドブックによると六キロ足らずだ。

実際は、東海道以外をずいぶん歩いているのだが、今後は時間がもったいないので、あまり寄り道せずにちゃんと旧東海道を歩こうと思う。
目次
inserted by FC2 system