〈十九日目〉 平成19年 9月1日 土曜日 晴れ 二川宿〜吉田宿〜御油宿〜赤坂宿
【第33次 二川宿 やっと愛知県 立派な本陣が残る】

〈二川・猿ヶ馬場 江戸より33番目の宿〉
二川宿続き

 前回雨の中をたどり着いた二川(ふたがわ)に、今回は喜多さんとやってきた。

今回は初めての、宿泊付きの東海道歩きだ。


二川宿には、立派な本陣資料館があるらしいが、前回到着したときには夕方になり、見学する時間もなかったので、今回歩き始める前に見学することにした。

〈二川本陣資料館 高札場〉
二川本陣資料館

 前回すでに二川駅まで歩いているので、よけいな体力を消耗させないように、できたら二川駅から資料館までの約1キロはタクシーに乗るつもりであった。
しかし、地方の駅前にはタクシー乗り場はあってもタクシーがいることのほうが少ない。


東京の感覚でいたら当てが外れることのほうが多いから気をつけたほうがよい。
仕方がないので約1キロを江戸方面に徒歩で戻り、本陣資料館に向かった。

〈本陣の玄関〉

この資料館は、文化4年(1807)から本陣職を務めた馬場家の建物を整備して公開してある。隣には旅籠「清明屋」もあり、あわせて見学できるようにしてある.

この資料館の二階には、江戸時代の道中にかかった費用が展示してある。

「旅の費用は3人で約10両でした。今のお金に直すと約80万円。1日平均18,000円となります。旅行の前後の費用と足すと総額で13〜14両(約100万円〜110万円)かかりました。」とある。一人35万円くらいで、今の国内旅行からするとずいぶんかかったものである。

たぶん、現代の海外旅行に匹敵するのではないだろうか。

それというのも、交通手段がほとんど徒歩に限られていたため、日数がかかることに起因するのであろう


〈弥次さんのような庶民は泊まれない上段の間〉
江戸時代と平成の物価比較

わらじ17回購入、一足14〜17文(170〜290円)
間食として秋の味覚 柿一つ3〜12文(40〜140円)、
さつまいも一つ3〜9文(40〜110円)、栗一つ2文(24円)、
草餅一つ9文(110円)、みかん一つ4文(50円)、
茶代4〜16文(50〜190円)。


酒匂川川越代 3人と荷物1つ分 256文(3,100円)、
興津川川越代 1人分 100文(1,200円)。
丸子名物とろろ汁3人分 124文(1,500円)、
府中名物安倍川餅 10個50文 (600円)。

東海道旅籠代 1人分250文(3,000円)。
駕篭代 袋井〜見付 110文(1,300円)、酒代16文(190円)。

〈こうして見ると何てことない距離に思えるが・・・〉

こうしてみると、物価の変わっているものと変わっていないものとがはっきりわかる。素材としての食品の値段はあまり変わっていないように思う。

やはり生きていく上での根幹をなすものだから極端に値段が上がったり下がったりはしないのだろう。


〈オカツラ節句と書いてあった〉

それに比べて人件費にかかわるものは、昔はずいぶん安かったのだなと思う。

袋井から見付までは約6キロあるが、チップを入れても約1500円だ。
しかも駕篭は1人では担げない。川越代も人を背負って冷たい川に入って1000円程度。
距離で換算すると、今だったらバスで200円程度、電車でも同じくらい、タクシーで2000円程度か。人足からすれば安い駕籠代も利用する旅人からすれば高く感じる。

現代の橋は歩いて渡ればまずタダだ。昔の旅人はずいぶんと余計なお金を使わなければならなかったことだろう。

だから旅人にとっては貴重なお金をなるべく使わないように、川の水量の少ないときには自分で歩いて渡ったという。
駕篭もよほどのことがなければ使わなかったことだろう。


〈旅籠に着いて足を洗う喜多さん〉
 
  〈おいしそうな晩御飯〉

〈りっぱな中庭〉

面白い資料館であったが、あまり時間もないので早々に見学を切り上げ街道に戻る。

また二川駅まで戻りその先を右折、火打坂を上り岩屋緑地を迂回する道を西に進む。なんと言うことのない田舎の道が続く。

あまりに普通の道ばかりだったため、広重の絵に対応する写真を撮るのを忘れていた。ここはひとつ本陣資料館の入口にあった高札場の写真でごまかしておくことにする。
また二川宿に行くことがあればふさわしい写真を撮ろうと思う。


〈右東海道の道標〉
【第34次 吉田宿 岡崎の矢作橋、瀬田の唐橋とともに東海道三大大橋といわれた吉田橋があった】 

〈吉田・豊川橋 江戸より34番目の宿〉
 そうこうするうちにだんだんと街中に入っていき、豊橋市の中心に近づく。吉田宿だ。

この吉田宿は、本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠65軒という大きな宿場であったという。

また
「吉田通れば二階から招くしかも鹿の子の振袖が」と謳われ、飯盛り女が多い宿場であったという。

今はまったく往年の面影はない。


〈豊川橋からの豊川〉
きく宗の菜めし田楽

 今日、ここまで歩いてくる楽しみのひとつは、「きく宗」の「菜飯田楽」を食することだ。この「きく宗」は文政年間(1818〜1844)創業でその味を変えることなく今に伝えるという。

田楽豆腐と大根菜の菜飯だけのメニューだったが、素朴で非常においしかった。
ただ値段は1700円もする。先ほどの二川本陣資料館にあった物価比較でいくと、1文12円として140文と言ったところだろうか。

当時も結構高い食べ物だったのだろう。

せっかくの「きく宗」なのに喜多さんはおなかがすいてないといって、ぜんざいを注文していた。

〈これがきく宗の菜飯田楽 おいしかった〉
豊川を渡る

菜飯田楽をおいしくいただいて街道に戻り、その先を進むと豊川にかかる豊橋を渡る。江戸時代は、「吉田大橋」と呼ばれ、岡崎の矢作橋、瀬田の唐橋とともに東海道三大大橋といわれていたという。

大きな豊川の先には小さな川があり、小さな橋が架かっている。喜多さんは、こういうときのために持ち歩いているパンを川のカニに投げてやっている。

この先の菟足(うたり)神社には、千年ほど前には人身御供の風習があり、春の大祭の初日にこの街道を最初に通った若い女性を、神へのいけにえにしていたという。

なぜ若い女性でなければならないのだろうか。
ばあさんではいけないのか。またじいさんではいけないのか。男ではいけないのか。


〈惣門跡〉
 昔から神様は若い女が好きだったということであろうか。
ま、いけにえの価値という観点からするとおのずと明白か・・・。

子だが橋の伝説

ある年の大祭の初日、いけにえ狩りをする人が獲物を探して街道を見ていると、一人の若い娘が通りかかった。
見れば久しぶりに親にあうのを楽しみに奉公先から戻ってきたわが子であった。
最愛の子を神にささげるべきか、村の決まりと親の愛情のはざまで男は迷い苦しんだが「子だが仕方がない」と結局いけにえにしてしまったという。
この話からこの橋を「子だが橋」と呼ぶようになったという。


おろかな親もいたものである。


〈いけにえを欲しがった神とは・・・〉
姫街道

 この先には、旧東海道がなくなっているところがあるらしい。

古くから続く東海道は、明治・大正・昭和・平成の時代の流れの中で、あるところでは国道一号線に作り変えられ、あるところでは国道からはずれほとんど人が通ることもなく、あるところでは道があったことさえ忘れ去られている。

御油の手前で田んぼの中の道を歩いた先に、確かに東海道がなくなっているところがあった。仕方がないので民家の庭先を通らせてもらい、また道に復帰する。大社神社を過ぎ、御油(ごゆ)の宿に入る。


浜松の今切で船に乗るのを嫌った女性がよく利用したという姫街道は、この御油宿から見附宿までの浜名湖の北を通る道だ。

〈見附宿からの姫街道が御油宿で合流する〉
【第35次 御油宿 飯盛り女が多かった】

〈御油・旅人留女 江戸より35番目の宿〉
 御油宿は、本陣4軒、旅籠62軒という小さな宿場にしては珍しいほどにぎわった街だったという。

住人も女性のほうが多く、広重の絵にもあるように飯盛り女が多いことで有名な宿だった。

雰囲気の残る街並みを抜けいよいよ御油の松並木に差し掛かる。


〈昔日のにぎやかさはない 留女もいない〉
国天然記念物 御油の松並木

 十返舎一九の東海道中膝栗毛では、弥次さんが狐に化かされてしまう松並木である。

この松並木は赤坂宿まで約600メートルも続き、昭和19年には国の天然記念物に指定されている。

特攻隊や、人間魚雷回天という、人権無視のとんでもないことを考えていた時代に天然記念物の指定を受けたこの御油の松並木は、ぜひ車ではなく歩いて通ってほしいと思う。

〈天然記念物 御油の松並木〉
 御油宿と赤坂宿は、松並木を間にはさんですぐ隣の宿場だ。
その距離わずか1.7km。

旅人のための宿場というより、遊興街としての性格のほうが強かったようだ。

〈御油宿 こくや〉
  
〈郷愁をそそる看板〉                    〈松の切り株にきのこが〉                      〈赤坂側からの松並木〉
【第36次 赤坂宿 江戸時代から続く旅籠 大橋屋に宿泊】

〈赤坂・旅舎招婦ノ図 江戸より36番目の宿〉
広重が描いた大橋屋の灯篭

 松並木を通り過ぎるとすぐに赤坂宿に着く。

東海道を歩き始めてから、この赤坂宿の「大橋屋」に泊まることが憧れであった。

この大橋屋は、元は「伊右ェ門鯉屋」という旅籠で、明治のはじめには女郎置屋として営業していたという。

〈広重が描いた中庭と灯篭〉
芭蕉も泊まった?

古くは松尾芭蕉も泊まったという部屋がそのまま残されている。

是非泊まりたいと思い、1週間前の8月25日を宿泊予約してみたが、満室だといわれた。

喜多さんもどうしても泊まってみたいというので、では9月1日はどうですかと聞くとあいているという。


〈あこがれの大橋屋〉

では、その日に決行だということで、ちょうど赤坂宿の大橋屋に夕方歩いてたどり着くような行程を組んだのだ。
そのほうが旅人の雰囲気が味わえる。

大橋屋に着くと早速建物の前で記念撮影をする。

この大橋屋のすごいところは、350年前の建物のままで営業を続けているというところだ。
もしかして、風呂は薪で焚く五右衛門風呂で、トイレは汲み取り式か。
そう思いながら、中に入る。


〈芭蕉も泊まったという大橋屋〉
 この東海道に面している部屋が350年前からある部屋で、この部屋に泊めてもらえるのかと思っていたら、奥の離れの二階に通された。

まだ暑い時期だったので、この部屋は町の文化財になっており、エアコンが取り付けられないことから、夏場はお客さんを泊めないことにしているそうだ。
しかし、びっくりしたのは、夏場は限定一組の宿泊で、喜多さんと二人で奥の三部屋続きの和室が独占できたことだ。
プライバシーの問題で、ふすまで仕切られた部屋しかないので、一組しか泊めないという。

何と贅沢なことだろう。涼しくなってくると、街道沿いの部屋もエアコンなしで使えるので一日二組泊めるそうだが、昔の旅人は相部屋が当たり前だったのに、平成の旅人は贅沢になっている

〈明治時代は女郎置屋だったという〉
広重が描いた蘇鉄

薪で焚く五右衛門風呂かと思って入った風呂は、昔風の丸いヒノキ風呂だったが、何と全自動のガス風呂だった。
トイレも温水洗浄の最新式のものであった。

赤坂宿を描いた広重の絵には、この大橋屋の中庭が描かれており、赤坂・旅舎招婦ノ図とある。
左の廊下には湯上りらしい男の姿、右の部屋には化粧に余念のないおんなの姿が見える。

絵の灯篭は、今も大橋屋の中庭に残る灯篭だといわれ、南北朝の頃のものだという。また大きな蘇鉄は、今は近くの浄泉寺に移されているというので、翌朝見にいった。


〈広重が描いた蘇鉄を移したものだという〉

どうですか、広重の描いた五十三次の絵そのままの旅篭に泊まれるとは、東海道歩きの醍醐味ではないですか。
無理して日程を合わせてでも一度泊まってみたい旅篭です。


夕食も素晴らしくおいしかったので、喜多さんと二人で大満足。
これで一泊二食、10500円はかなりお得だ。

特に名物のとろろ汁は食べきれないほどの量でおいしかった。


〈大橋屋の夕食 おいしかった〉
芭蕉が泊まった部屋

夕食のあとで、宿のご主人に館内を案内していただいた。

このご主人は十九代目で、愛想はないが料理もうまく、親切な方であった。奥さんにも気持ちよくもてなしていただいた。

街道に面した部屋は、3部屋続きで一番奥に松尾芭蕉が泊まったという部屋がある。

とても300年以上経った家には思えない。
板敷きの廊下も窓の桟もピカピカで、本当に丁寧に掃除が行き届いている感じがする。


〈弥次さんの座っている部屋に芭蕉は泊まったといわれる〉

部屋には、江戸末期か明治のころ客が墨で落書きをしたという戸袋がそのまま残っている。
また、窓が斜めに造られているため、一枚一枚の格子戸の大きさが違う。というようなことを宿のご主人は丁寧に案内してくれた。

母屋の梁には大きな俵が3つも載せてある。一番古いのは、この旅篭が建ってから一度も開けてないそうだから、真っ黒になっている。
比較的新しいのは明治のころ改築したときに乗せたらしいが、中身が気になるところだ。

どうも米が入っているのではなく、お札が詰められているようだと、ご主人はおっしゃっていた。


〈もとは中央に囲炉裏があったという〉

翌日早起きして散歩に出かけてみた。向かいの尾崎屋はまげわっぱを製造販売している店で、ここも昔ながらの建物で雰囲気があるが、早朝過ぎて開いていなかった。

関川神社や、大橋屋の広重が描いた蘇鉄を移植したという浄泉寺を見てから、大橋屋に戻り朝食をいただく。

静かな時間が過ぎてゆく。
東京の高層ビルに囲まれた毎日に比べて何と豊かな気持ちになれることだろう。
ここには都会の人たちが忘れた余裕と安らぎが感じられる。


こういう雰囲気を味わうために東海道を歩いているのだと感じさせるものが、この赤坂宿にはある。


〈まげわっぱの尾崎屋〉
大橋屋のご主人と

弥次さんの隣で一緒に写っているのが十九代目ご主人。

のれんには、芭蕉の句

「夏の月御油より出でて赤坂や」

が書かれている。


御油宿と赤坂宿の近いことを詠んだのだという。

弥次さんも一句ひねりたいところだが、歌心が不足しているため出てこない。


〈浴衣で失礼 19代目ご主人と〉

〈この階段の奥の部屋に泊まった〉       〈実は全自動のガス風呂〉

〈大橋屋はお薦めです〉
目次
inserted by FC2 system