〈十八日目〉 平成19年 7月21日 土曜日 雨 浜松宿〜舞坂宿〜新居宿〜白須賀宿〜二川宿
【第29次 浜松宿 空襲で焼かれほとんど史跡は残っていない】

〈浜松・冬枯ノ図 江戸より29番目の宿〉
浜松宿続き

 約1ヶ月ぶりの東海道歩きの旅だというのに、朝からかなり強い雨が降っている。
昨日は天気予報で降水確率30%だというから、運がよければ降られないですむかもと思って出かけてきたのだが、とんでもない話であった。

この日は久しぶりに青春18キップが使えるので、交通費を節約するために磯子駅で18キップを買ってJRに乗る予定だった。しかし、磯子駅に着いて改札で18キップを買おうとしたら、みどりの窓口は6時からでないと開かないという。仕方なく、小田原まで820円のキップを買った。

小田原では6時を過ぎているので、小田原駅で青春18キップを買おうという魂胆だ。
しかし小田原駅に着いてから気持ちが変わり、今日は新幹線で浜松駅に向かうことにした。たまには贅沢しても許されるであろう。ついでに帰りのために青春18切符も買っておく。浜松までの新幹線代5,350円と18キップ代11,500円を小田原のみどりの窓口で支払う

〈浜松・梅屋本陣跡 国学者賀茂真淵は梅屋家の婿養子だった〉
ホテルクレタケ

さすがに新幹線は早く、予定よりずっと早く浜松駅に到着した。

浜松駅に着いたときにはそれほどでもなかった雨が、歩き始めてすぐに本格的な降りになってきた。あまりに降りがひどくなってきたので、雨宿りがてら通りすがりのデニーズに入って朝ごはんを食べる。

この場所は確か・・・。
そう、何年か前に姪の佳世ちゃんの結婚式のときに泊まった「ホテルクレタケ」の前であった。あの時は披露宴が終わった後、母親も兄弟姉妹もみんなで浜松駅まで行って居酒屋で楽しく団欒したのだった。

帰りはみんなで歩いてホテルまで帰ったけど、まさか何年か後に同じ道をこうして京都に向かって歩いているとは想像もしなかった。


〈結婚式で泊まった翌日母親と弟で寸又峡へ遊びに行った〉
二つ御堂

この辺りは、空襲で何もかもが焼けたらしく、古い時代のものはほとんど残っていない。
本陣も、高札場も、一里塚も、それぞれ標柱や案内板がさびしく立っているだけだ。
若林一里塚跡の先に「二つ御堂」がある。

奥州平泉の藤原秀衡の愛妾が京へ行く途中で秀衡死去の知らせを受け、その菩提を弔うために街道の北側に御堂を建てた後に、悲しみのあまり死んでしまった。
ところがこの訃報は誤りであり、この場所を通った秀衡は、愛妾を偲んで道の向かいの南側に御堂を立てたという。


〈こちらは愛妾がたてたという阿弥陀堂〉
【第30次 舞坂宿 海上一里を新居宿へ渡る】
舞坂の松並木

うちの喜多さんは今回の街道歩きはパスと決めていた。
この辺りは、見どころがほとんどないことをネットで調べて知っていたのだ。

雨が降っていなければ浜松城にも寄ってみたかったが、先を急ぐことにする。

あまり見どころもなく雨の中をひたすら歩いてきたが、舞阪宿に近づくと立派な松並木が見えてきた。この松並木は330本も残っているという。

脇本陣も復元され公開されているらしいが、気づかずに通り過ぎてしまった。今度来たときに是非寄ってみようと思う。

雨のときは傘をさしているために視界が狭くなる。
やはり、天気のよいときに歩ければそれに越したことはない。


〈舞阪の松並木〉

〈舞阪・今切真景 江戸より30番目の宿〉
浜名湖の今切

 浜名湖はかつては閉じた淡水湖であったが、室町時代の大地震により陸が割れて、外海とつながってしまった。

そのためこの辺りは「今切」(いまきれ)と呼ばれるようになり、旧東海道は陸上を歩かず、海上一里を船で渡るようになったという。


だから、平成の弥次さんも、ここは徒歩でなく現代の渡し「電車」で次の宿「新居宿」へ向かうことにする。


〈雨の浜名湖 今切〉
 この街道の両側に残る石垣は、1700年ころから残るものだそうで、番人が六尺棒を持って立っていたという。

目に浮かぶようではないですか。

 


〈1700年ころから残る石垣〉

〈史跡 北雁木(がんげ)1600年代の渡船場跡〉

〈あいにくの天気で浜名湖も霞んでいる〉
波小僧

 雨のため、せっかくの浜名湖の景色がくすんで見える。
松並木の終わるあたりに、金色の子どもの像があったので説明を読んでみる。

 「浪小僧」
 むかし、遠州灘の浜では地引網が行われていました。魚が取れない日が続いたある日、真っ黒な小僧が網にかかりました。漁師たちは気味悪がり小僧を殺そうとすると、小僧は「私は海のそこに住む浪小僧です。命だけはお助けください。その代わり、ご恩返しに海が荒れたり、風が強くなったりするときは、海の底で太鼓をたたいてお知らせします。」というので、海に戻してやりました。それ以来、天気の変わるとき波の音がするようになったそうです。
(遠州七不思議より)


というもので、かなり強引に作った「浪小僧」という気がする


〈浪小僧〉
【第31次 新居宿 江戸時代の関所が今も残る】

〈新居・渡舟ノ図 江戸より31番目の宿〉
新居の関所跡

 というわけで、平成の旅人は船の代わりに電車に乗って、舞坂宿から新居宿へ向かう。

ここで帰りに使うつもりであった青春18キップを使い、隣の新居駅で降りた。

相変わらずの雨が降っているが、新居駅を右にしばらく歩くと、「新居関所跡」にたどり着く。

〈この場所に渡し舟は着いていた〉
 雨が降っているので観光客は、まったくいない。
貸切りで見学した。


新居に関所ができたのは慶長5年(1600)で、最初は今切口の近くにあったが、地震や津波の被害を受けたために移転を繰り返し、現在の場所になったのは宝永5年(1708)からであったという。

〈新居の関〉

現在残る遺構は安政2年(1855)のもので、当時の関所の建物がそのまま残っているのは、この新居宿の関所跡だけである。
早速、入場料を払い関所の建物に入ってみる。

約150年前の建物で、旧東海道沿いにはこれよりも古い建物はいくらでもあるが、関所としての役目を終えたあとは通常は取り壊される運命だったのだろう。

今は埋め立てられているため海までかなり遠いが、明治以前まではこの関所の前に舞坂を出た船が着いていたのである。


〈箱根の関所よりリアルに作ってある〉
旅籠紀伊国屋資料館

関所のすぐ先に「新居宿旅籠紀伊国屋資料館」がある。
入場料が関所のチケットに含まれていたのでとりあえず入ってみる。

いままであちらこちらの資料館に入ってみたが、中身はそんなに違うわけでもない。


〈旅籠紀伊国屋資料館〉

雨は降り止む気配もない。雨が降っている日は注意力が散漫になり、道を間違えることが多い。
後で地図を見ると、「風炉の井」という井戸跡があったはずであるが、見逃してしまっている。

松並木が続く田舎道を歩いていると、雨にもかかわらず団体で歩いている人たちが前方に見えた。
弥次さんと同世代の女性たちが興味深そうに弥次さんを見ていたが、無視して追い越していった。

まさか日本橋から歩いてきた旅人とは、思わなかったであろう。


〈白須賀宿に入る〉
【第32次 白須賀宿 潮見坂を上る】

〈白須賀・汐見阪図 江戸より32番目の宿〉
潮見坂

 この先で右折して坂を上るとそれが「潮見坂」である。

京から江戸に下る道中では、初めて太平洋を見る場所になる。

広重の絵では大名行列が汐見坂を下っているが、それがこの坂だ。
坂の上から振り返ってみたが、残念なことに雨で煙っていたために太平洋はまったく見えなかった。

〈雨の潮見坂〉
おんやど白須賀

 急な潮見坂を上りきったところに、無料休憩所の「おんやど白須賀」があったので、雨宿りを兼ねて立ち寄ってみる。

隣の潮見坂公園跡は、徳川家康がここに茶室を造り、織田信長をもてなしたところという。今は中学校になっているらしい。

〈雨で煙って海は見えない〉
県境の境川

「おんやど白須賀」で少し休憩したあと、事務所のおじさんに二川(ふたがわ)駅までの距離を聞くとまだ8キロくらいあるらしい。

うんざりしたが仕方がない。
この宿は、鉄道の駅から遠く離れているために、バスかタクシーに乗るか、もしくは歩くしかない。
しかもバスもタクシーもまったくいそうにない。

覚悟を決めてまた雨の中を歩き始めた。

しばらく歩くと見逃してしまいそうな小さな川がある。名を境川という。


〈静岡県と愛知県の県境の川〉

この境川は遠江と三河の国境を流れるびっくりするほど小さな川だ。
この川を越えると、5ヶ月間かけて歩いてきた静岡県ともやっとさよならだ。
この境川を越えると愛知県に入るのだ。


ガイドには、土の色も東国の黒い色から西国の赤土に変わると書いてあったが、よくわからなかった。
写真の左側が静岡県、右側が愛知県だが違いがわかるだろうか。
土が露出していないからわかりませんよね。


〈やっと愛知県に入る〉

何はともあれ、静岡県を歩き通していよいよ愛知県に入った。
しかし、安心したのもつかの間、このあととんでもない間違いをおかしてしまう。
国道一号線にぶつかるところで道を間違えてしまった。
まっすぐ行けばよかったのに右に折れてしまい、おかしいと思いつつ1.5キロくらい先まで行ってしまったのだ。

雨はやまないし、どんどん夕方になっていくし、心細い思いをしながらやっと間違いを確信し、元の道に戻ることにした。

車だとあっという間の道も、歩くとなれば大変な距離だ。
悔しい思いをしながら、間違えたところまで戻り、国道一号線沿いをひたすら二川駅に向けて歩く。
ガイドにも「二川宿へは国道一号線をひたすら歩き続ける」と書いてあったが、店も何もない国道を車と一緒に歩くのは
本当につまらない。


いい加減いやになったころにやっと新幹線の高架が見えてきた。これをくぐったところが二川の宿となる。

【第33次 二川宿 やっと愛知県 立派な本陣が残る】

休憩所に若い警官がいたので、駅までの距離を聞いたらすぐそこですという。
「どちらから来られましたか」と聞くので、「浜松から歩いてきた」と言ったら、あきれた顔をしていた。
弥次さんも道を間違えて頭に来ていたから、ここはひとつ文句を言っておこうと思い、
「愛知県は道案内が少なくて、街道歩きには不親切だよね。静岡県は親切な案内板や標識があちこちにあるのにね。」
といやみを言ってやった。


若いおまわりさんにいやみを言っても仕方ないのに、言わずにおれないほど悔しかったのだ。
おまわりさんも「いや〜、そうかもしれませんね。静岡県は裕福だけど、愛知県はお金がないから・・・」などと
それらしい言い訳をする。

愛知県には、世界のトヨタ自動車があるではないか・・・。

  ・・・・・そうか、だからだ。

トヨタを擁する自動車中心の県だからこそ、車のための標識は整備されているのに、歩く人のための標識は
ほとんどないんだ・・・と、妙に納得して二川から青春18キップで横浜に帰ることにした。

本当に疲れた一日であった。間違えた道の距離を含めるとたっぷり30キロは歩いた。

しかも、一日中雨に降られ、ずっと傘をさして歩いたのだ。

ま、こんな日もあるであろう。

目次
inserted by FC2 system