〈十五日目〉 平成19年 4月7日 土曜日 晴れのち小雨 金谷宿〜日坂宿〜掛川宿〜袋井宿
【第24次 金谷宿 復元された石畳を通って小夜の中山へ】

〈金谷・大井川遠岸 江戸より24番目の宿〉

 広重の「島田・大井川駿岸」と「金谷・大井川遠岸」は、題材が大井川なので双方とも川越でよく似ている。

島田の方は俯瞰図で大名行列、金谷の方はちょうど今の橋のあたりから見た感じだろうか、庶民が川越しをしている感じだ。

〈春の大井川 台風でも来ないと水量は大したことない
金谷 石畳

 今日は喜多さんが参加しないので、一人で金谷から袋井まで歩くことになる。

磯子から金谷までこの春最後の青春18キップを使い、8時半ころ金谷駅に到着。
先週途中まで歩いた「金谷宿石畳」からまた歩き始める。

〈金谷 石畳上り口〉
石畳茶屋

箱根越えはひと月も先のことになるので、旧東海道で石畳を歩くのは初めてであった。
朝早いので、石畳茶屋も開いていない。

急坂の石畳を歩き始めたが、この石畳は平成3年に「平成の道普請」として金谷町の人たちによって復元された道だそうだ。
このような山の中に、どうしてこんなに丸い石がたくさんあるのだろうか。


先週、蓬莱橋を渡ったときに案内板でその答えを知った。
今は想像するのも難しいが、昔はこの辺りの牧の原台地を大井川が流れていて、そのときに上流から流されてきた石がこの辺りにたくさん残っているのだそうだ。

だから遠くから石を運ばなくても、この辺りにはこのような丸い石がたくさんあるのだという。


〈石畳茶屋〉
すべらず地蔵

右の写真の奥にあるお堂は「すべらず地蔵」といい、受験生がよくお参りに訪れているという。
しかし、この石畳はやたら丸いので雨が降るとよくすべるに違いない。

430メートルの石畳を上りきると、牧の原(諏訪原)の大茶畑が左に広がる。
その先の右手に「諏訪原城跡」がある。



〈すべらず地蔵 そうは言ってもこんな丸石だとすべる〉
諏訪原城跡

「諏訪原城」は、天正元年(1573)武田勝頼が馬場氏勝に命じて築いた山城で、武田氏にとっては最大の敵であった、浜松城の家康に対する最前線基地として築かれた天然の要害である。
人気のまったくない城跡を案内板に沿って進むと、今でも当時の堀のあとが深々と残っている。


二の丸、三の丸跡も今ではみんな茶畑になり、当時を偲ばせるのは深く掘られた堀跡のみである。四百数十年前にこの諏訪原城でどのような戦いがあったのであろうか。

茶畑になった城跡にたたずんで、一人目を閉じるとつわものどものおめき声が聞こえてきそうである。


〈諏訪原城跡 今はほとんどお茶畑になっている〉
菊川坂の石畳

 諏訪原城跡を出て右に進み、県道234号線を越えると、今度は「菊川坂の石畳」が下り坂になっている。

そこの休憩所で若い旅人が休んでいた。
やはり東海道を歩く同好の士かなと思ったが、特に声をかけることもせず通り過ぎる。

この人とは、日坂を過ぎて掛川近くになるまで後先になって歩いた。

〈菊川坂の石畳〉

〈山の中腹には「茶」の文字が〉

〈美しい茶畑が広がる〉

この「菊川の石畳」も、平成13年に菊川の住民の手によって復活した石畳だそうだ。
全長611メートル。気持ちよく下っていくと猫が日向ぼっこをしていた。

この菊川の里は鎌倉時代から知られた間の宿で、今も静かな山間の村である。

この辺りは、右も左も前も後ろも360度茶畑が広がる。
坂は急だが歩いていて気持ちがいい。

阿品の規模とは比べるべくもないが、阿品にもこのようなお茶畑があったのだなと感慨にふけりながらひたすら坂道を上る。
ちなみに阿品とは、弥次さんの生まれ育った田舎の地名で、実家はお茶の製造もしていたのだ。
残念ながら今は兄の世代になりやめてしまった。


〈菊川の石畳 猫が日向ぼっこをしていた〉
久遠寺

この小夜の中山は、箱根峠、鈴鹿峠とともに東海道の三大難所といわれた急坂の道だ。
箭置坂(やおきさか)を上りきると「久遠寺(きゅうえんじ)」が右手にある。

久遠寺は奈良時代の開基と伝えられる家康ゆかりの真言宗の名刹であるが、門前に地元のじじばばがたむろして話し込んでいた。

ちょうどコンビニの前にたむろしている中学生のような感じで、地べたに座り込んで話をしていた。その横を通り抜け、境内に入ってみる。

境内には、掛川城主の山内一豊が茶室を設け、関が原に向かう徳川家康をもてなしたという「接待茶屋跡」や、ちょっと気になる「夜泣き石」もある。

〈久遠寺の夜泣き石〉
「夜泣き石の伝説」

小夜の中山に住むお石という女が、菊川から帰る途中街道にある丸石の横で急に産気づいた。
通りがかりの轟業右衛門が介抱するが、お石がお金を持っているのを知ると、彼女を殺して金を奪ってしまった。
お石は子どもを産み落としてから息絶え、子どもは久遠寺の和尚に育てられたが、お石の霊は丸石に取り憑いて石は夜毎に泣いた。
その話を聞いた弘法大師が、この石に経文を刻んで供養するとそれを境に泣き声はやんだという。


〈石には弘法大師が彫った文字があるという〉

〈山内一豊が家康をもてなした茶亭跡 ゴマをすりまくった〉

〈阿仏尼の句碑 さよの中山は句碑が多い〉
扇屋

久遠寺の隣には、扇屋という茶屋があり、ここの名物「子育て飴」は久遠寺の和尚がお石の子を育てるときになめさせた飴だという。

しかし、残念なことに弥次さんが歩いた時には店は閉まっていた。おばあさんがひとりで営業していたらしいが、何年か前に閉店したらしい。

その後、週刊誌にこういう記事が出ているのを見つけた。

『6年前、扇屋の最後の女主人が104歳で亡くなったあと、店は跡を継ぐ人もなく、休業状態になっていた。名物を絶やしたくないという市の要請を受けて、扇屋さんの近くに住む農家の中から鈴木さんが名乗りを上げた・・・』
注文すると店主の鈴木さんが割り箸の先に麦芽糖から作った琥珀色の飴を巻き取ってくれる。2008年3月に再度喜多さんと歩いた時に、この「子育て飴」を注文してなめてみた。


〈子育て飴の扇屋〉

〈どこまでも広がるお茶畑〉
小夜の中山

向かいは小夜の中山公園で、西行の大きな歌碑がある。

「年たけてまた越ゆべしと思いきや命なりけり小夜の中山」

西行が69歳のときの作だという。その歳でこの坂はさぞ大変だったろうと思う。
ここには、橘為仲朝臣の歌碑もある。

「旅寝するさよの中山さよ中に鹿ぞなくなる妻や恋しき」

〈どこかなつかしい風景が広がる〉
涼み松

またしばらく歩くと「涼み松の碑」がある。

「命なりわずかの笠の下涼み」


芭蕉がこの松の下でこの句を詠んだために、この松を「涼み松」という。

その先をさらに行くと、道の左に「夜泣き石跡」の標柱がある。
夜泣き石は明治元年(1868)まで、この場所の道の真ん中にあったが、明治天皇が東京に行く際に道の脇に寄せられ、その後東京の博覧会に出品されたという。

広重の五十三次「日坂・小夜の中山」には、道の真ん中にある丸い夜泣き石を旅人が拝んでいるのか、見物しているのかそういう情景が描かれている。


〈芭蕉の句碑 この辺りの松の下で芭蕉は涼んだという〉
【第25次 日坂宿 東海道本線が菊川に迂回したため江戸時代が残る】

〈日坂・小夜の中山 江戸より25番目の宿〉
夜泣き石

 この写真の坂道が、広重が描いた小夜の中山の夜泣き石のあった坂道である。

この夜泣き石は、明治のころ博覧会に出品してひと儲けをたくらんだ人があったようだ。しかし、この石が本当に泣くわけがない。
さらに、張りぼての石の中に人を入れて、実際に泣いて見せた別の夜泣き石の見世物が出て、この泣かない石はさらに評判を落とす。

儲からなかった人は帰りに、国道沿いの道脇に捨ててしまったのだという。嘘のような話だが、昔の不思議な話はこの程度のものだ。

どこまで行っても茶畑が広がる。


〈広重の描いた坂道 この道の真ん中に夜泣き石はあった〉

〈明治初年まで夜泣き石があったという場所に碑があった〉

〈路傍の広重画〉
沓掛

 日坂へ向かう最後の下り「二の曲がり」は滑り台ほどの急な坂だ。
旅人はこの坂で草履を履き替え、古草履を木に掛けたことから「沓掛(くつかけ)」とも呼ばれた。

坂を下りきると日坂(にっさか)宿である。
国道一号線を越えると日坂の町へ入ってゆく。

〈沓掛〉
旅籠 川坂屋

日坂宿は、本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠33軒と東海道で3番目に小さい宿場だった。

この日坂では、歩いていてほとんど人に出会わなかったが、宿場の西のはずれに、当時の面影がそのまま残る旅籠「川坂屋」が資料館として公開されている。

この「川坂屋」は旅籠としては、明治3年まで営業していたそうだ。


〈旅籠 川坂屋〉
 見学した際、ボランティアのガイドのおじさんにいろいろと教えてもらった。

この日坂宿は、明治時代に東海道本線が通るのを、村をあげて反対したそうだ。
だから、地図で見ると東海道本線は南に大きく迂回して、菊川を通っている。
そのため、今の日坂の町はさびれにさびれているが、逆に東海道を歩く弥次さんにとっては江戸時代の風情が残る渋い町だといえる。

この話しを姉と電話で話していたら、姉の住んでいる玖珂というところも地元の大反対で山陽本線が柳井・大畠の海沿いに迂回したということを聞いた。

新しい文明がやってくるときは、人は臆病なものなのだ。

しかし、ある人いわく、実際には地元の反対で線路が迂回した例は皆無に等しく、実際には地形によるもっと現実的な敷設ルートであったという。

〈日坂宿 高札場〉
事任八幡宮

日坂宿を出て国道一号線に合流すると、左に「事任(ことのまま)八幡宮」がある。

大同2年(807)坂上田村麻呂が興したと伝えられる古社で、願いがことのまま叶うとして評判を呼んだ。境内には樹齢千年といわれる杉の巨木が立っている。

この「事任八幡宮」は清少納言の「春はあけぼの・・・」で始まる枕草子にも書かれているらしい。

古典好きの弥次さんではあるが、まったく記憶がない。今度じっくり読んでみようと思う。


〈事任八幡宮 ことのままに願いが叶うそうな〉

「事任八幡宮」を出て左に折れ、田園地帯を進むと、そこは「嫁ヶ田、姑ヶ畑」という何とも陰惨な伝説が残る場所だ。

嫁ヶ田、姑ヶ畑の伝説

むかし、嫁あたりの悪い姑がいて、嫁に一反の田を朝の間に植えさせた。嫁は言いつけ通りに植え終わったが、石に腰掛けたまま息が絶えてしまった。その時姑は畑にいたが、雷にうたれて死んでしまったという。


〈このあたりで意地の悪い婆に嫁はいびり殺された
ばくろう橋

さらに国道を越え、左の道を行くとその先に諏訪神社がある。

学校帰りの中学生とたくさんすれ違ったが、ほとんどの子どもが「こんにちは〜」と声をかけてくれる。何とも気分のいいことだ。
おじさんが子どもに声をかけると、あやしいオヤジに思われる都会の風潮は、ここにはない。
おじさんも気持ちよく「こんにちわ〜」と返す。

しかし、このあたりから掛川までは、ほとんど見どころもない。

逆川にかかる「馬喰橋」には馬の顔がモチーフで飾られていた。
むかしは、ばくろうが馬を売っていた場所なのだろうか。


〈ばくろう橋 馬の顔が・・・〉
【第26次 掛川宿 山内一豊と妻千代が作った城下町】

〈掛川・秋葉山遠望 江戸より26番目の宿〉
掛川城

 新町の七曲りをたどると、その先に掛川城が見えてきた。

掛川は、山内一豊がその妻千代と一緒に作り上げた城下町である。
掛川城は、天明年間(1469〜1487)に築かれたが、嘉永7年(1854)の大地震でほとんどが倒壊したらしい。

〈掛川城遠望〉
二の丸御殿は国重要文化財

 その中で二の丸御殿は江戸時代の建物が現存し、国の重要文化財に指定されている。城は平成六年に再建された。

弥次さんは早速天守閣に上って掛川の町を見下ろし、城主の気分を味わってみる。


二の丸御殿は、江戸時代に政務を執っていたところらしいが、あまり古びてなくやたら広い御殿であった。

〈掛川城 山内一豊と千代が築き上げた〉

〈七曲り 敵の侵入に備え道をまっすぐに作らなかった〉

〈七曲にいた猫もひたすらダラダラしている〉

〈重要文化財 二の丸御殿〉

〈領民は不自由なく暮らしているか・・・一豊の気持ちになってみる〉
平将門 十九首塚

今日はまだもう少し歩かなければいけないので、早々に掛川城をあとにして、さらに西を目指す。

この先の住宅街に「平将門の十九首塚」がある。
住宅地を右に折れ、数十メートル進んでさらに右に折れたところに「平将門十九首塚」はあった。
案内表示がなければとてもたどりつかない場所である。

この日歩いたときには、平将門について詳しい知識があったわけではないので、フーンこのようなところに平将門の首塚がねー・・・という程度の感慨であった。

高校の日本史で習ったときには、将門の乱は朝廷に対する反乱であり、朝敵としてとんでもない悪人、という風に習ったような気がする。


〈平将門 十九首塚〉

数ヶ月先に海音寺潮五郎の「平将門」を読み直して、将門に対する偏見が一変した。

現代の歴史の世界でも、将門に対する評価はまったく違うものになっているらしく、明治になってから朝廷を神聖化するためにどうも悪役にされたようだ。

江戸時代には、大納言烏丸光広により「朝敵にあらず」とされている。

歴史というものは、常に勝者側にたって作られるもので、負けた側は歪められた歴史を背負い込まざるを得ない。


〈十九首塚由来 歴史は常に勝者の側で書かれる〉

天慶3年(940)、藤原秀郷と幼馴染の平貞盛の連合軍に敗れた将門の首は、京に送られる途中、この場所で出会った
京からの使者と首実検を行い、首は京に送られることなく18人の武将の首とともに埋められたという。


このときにはまったく知らなかった将門の武将たちの名前も、後で見ると塚に刻んであるのがわかる。
このように歴史を知って歩くのと、ただ漫然と歩くのでは心に留める事柄が天地の差だということを実感する。

東海道は、歴史にいろどられた街道だ。
こうしてここまで歩いてきて、司馬遼太郎や海音寺潮五郎や池波正太郎などの歴史小説の大御所のえがいた舞台を
じかに見ることができ、感じることができる。

学生の時には、大衆小説なんか・・・と馬鹿にして、司馬遼太郎や池波正太郎の小説なんか見向きもしなかった。
純文学だ、阿部公房だ、大江健三郎だ、福永武彦だとやたら小難しい本ばかり読んでいたが、年をとると歴史がおもしろい。

また、本を読む楽しみが増えた。

富士浅間宮の赤鳥居

 この先は特に見どころもないが、松並木を4〜5km過ぎた先に突然大きな赤い鳥居が現れる。

富士浅間宮の赤鳥居だ。

この先の妙日寺には、日蓮上人の先祖代々の墓があるというが、日蓮上人には今のところ特に興味がないので通り過ぎる。


〈富士浅間宮の赤鳥居〉
【第27次 袋井宿 東海道のちょうど中間の宿】
東海道どまんなかの宿

 さらに松並木を通り過ぎると、いよいよ東海道五十三次の真ん中の宿、袋井宿に着く。

袋井宿は江戸、京のどちらから数えても二十七番目の宿場にあたり、ちょうど中間の宿となるため、「東海道どまんなかの宿」が売り物となっている。

小学校の門にも、「東海道どまんなか小学校」と看板が出ているし、「東海道どまん中茶屋」もある。

その先の東海道どまん中茶屋にたどりついたら、茶屋の人たちが歓待してくれた。

東海道どまん中茶屋

この日、ウォーキング大会があったらしく、「あんたで最後かい?」みたいなことを言われた。「いや、ぼくは日本橋からずっと歩いてきて、やっと真ん中の袋井宿までたどりついたんですよ」と言ってみた。

おじさん、おばさんが数人いたがみんな感心してくれて、「どこから来たか」とか、「お茶を飲め」とか、「これにサインしてくれ」とか奉加帳のようなものまで出される始末。東海道を歩いている人で、この茶屋に立ち寄った人には、サインをしてもらっているのだそうだ。

お茶と漬物をご馳走になり、写真も撮ってもらって、駅までの道を教えてもらい、本日の東海道の旅は終了。

教えてもらった道をたどって、青春18キップで一人さびしく帰った。


〈やっとまん中の宿〉
目次
inserted by FC2 system