〈十一日目〉 平成19年 3月17日 土曜日 小雨のち曇り 江尻宿〜府中宿〜丸子宿
【第18次 江尻宿 三保の松原と清水港】

〈江尻・三保遠望 江戸より18番目の宿〉
 喜多さんと二人で、磯子発5時34分発の根岸線に乗り込んだ。このごろは、早朝の出立にもすっかり慣れてきた。

磯子駅前に一日何時間駐車しても1100円という駐車場があるので重宝している。
家から磯子駅まで歩けば25分かかるからだ。往復タクシーを使うと思えば安いものだ。(平成22年には800円に値下げしたのでさらに助かる)

大船駅で6時4分発の東海道線に乗り換え由比を目指す。

今日は、箱根越えとともに東海道歩きのハイライトともいうべき「さった峠」を歩くつもりなのである。

〈三保の松原からの富士〉

青春18キップ

 
青春18キップが使える春休みの間になるべく遠くまで行っておくつもりなので、ここのところ毎週のように西に向かっている。

先週は、家族と平塚のお母さんとで草津温泉に行ってきたので東海道を歩けなかったが、3月4日の沼津〜原、蒲原〜由比、
今回の江尻〜府中〜丸子、24日の丸子〜岡部〜藤枝、31日の藤枝〜島田〜金谷、4月7日の金谷〜日坂〜掛川〜袋井と、
休みのたびに旧東海道歩きに出かけていることになる。


こんなことができるのも青春18キップのおかげだ。一日1600円でどこまで行ってもJRの普通電車が乗り放題だ。
本来は5回分で11500円なので一回分は2300円なのだが、この春はJR創立20周年記念ということで5回分8000円。
1回分1600円で一日乗り放題。本当に助かる。
いいタイミングで東海道歩きをはじめたものだと、われながら感心する。

しかも、各駅停車の旅の楽しさも体験してわかった。
今までは、目的地に着くことが優先で、途中の風景を楽しむ心の余裕がなかった。

単に、歳をとって気が長くなっただけかも知れない。


〈JR20周年の青春18きっぷ 8,000円〉

〈普通の青春18きっぷ 11,500円〉

 途中、熱海で乗りかえたあたりで雲行きがあやしい。天気予報では晴れだったのに、空がどんよりとしている。
由比についたころには雨が降っていた。これでは折角の「さった峠」も富士山が見えない。

そこで、急きょ本日はその先の江尻〜府中を目指すことにした。街並みを歩く分には、雨が降っても別にかまわない。
清水駅に着いた弥次さん喜多さんは、駅で何とかウォークの受付をやっていたので、参加する人のふりをして時刻表や
ルートマップをもらい歩き始めた。


だから歩いている人が異様に多い。何とかウォークと一緒になってしまったからだ。

稚児橋の河童伝説

清水銀座の先の巴川にかかる稚児橋には橋の四隅に河童の像がある。
この稚児橋は家康の命によって架けられたが、渡り初めのときに川の中から稚児が現れ、府中のほうへ消えていったという。
その稚児は巴川の河童であろうということで、橋の四隅には河童の像が立っている。


その稚児橋を越えた先の老舗「追分羊かん」に人だかりができていた。
何とかウォークの人たちにお茶とお菓子を振舞っていたのだ。


弥次さん喜多さんもちゃっかりと、何とかウォークの人になりすまし、お茶とお菓子をいただく。


〈稚児橋の河童像〉
  
〈平成22年1月24日に再び訪れて撮った河童たち〉

〈追分羊羹にも再び訪れた〉


〈これが300年変わらぬ追分羊かん〉
追分羊かんは300年続く老舗

 
この店は「追分羊かん」といって、江戸時代から続く老舗らしい。
無料で配っていたお菓子は羊羹ではなかったので、喜多さんが小ぶりの追分羊羹を買って食べながらその先を歩く。
この羊かんは竹の皮に包まれて蒸してあるので、ういろうに近い感じであったが、喜多さんはおいしかったのでもっと買えば
よかったと後々までも悔やんでいた。

この清水市は、清水の次郎長で有名であるが、この追分羊かんの手前にも、森の石松をだまして殺したという都田吉兵衛、
通称「都鳥」がかたきを討たれたという供養塔が立っている

今までの広重の「五十三次」に対応する写真は、それなりに広重が題材にした場所が感じられる雰囲気を持っていたと思うが、江尻ばかりは今はまったく海が遠いし、三保の松原が望遠できる場所もない。

だから今回の広重の絵に対する写真は、昨年9月23日に「吉田拓郎とかぐや姫のつま恋コンサート」に行ったとき、清水に泊まったついでに三保の松原に行ったときの写真を使った。

東海道歩きとは関係ないが、あの日本中のおじさんおばさんの拓郎とかぐや姫ファンが3万5000人も集まった、伝説のコンサートはよかった。
チケットは15分で完売したという。

よかったけれど、どのホテルも満室で掛川から清水まで50kmも戻らなければホテルが取れなかったのだ。


〈関係ないけど拓郎とかぐや姫つま恋コンサート
草薙神社

 草薙一里塚跡を越えた先に草薙(くさなぎ)神社の大鳥居があったので、せっかくだから草薙神社に寄っていくことにした。
この鳥居から左に折れ、日本平方面に1.2キロほど歩いたところに草薙神社はある。

この神社のある場所は、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が焼き討ちに遭い、草を剣で薙ぎ払って難を逃れた場所だという。小学生のとき子ども向けの神話の本で読んだことがある。そのときの挿絵まで覚えているような気がする。
街道を歩くと日本武尊は日本中あちこちに出てくるが、行く先々で災難に出会っているみたいだ。

弥次さんは完全に勘違いしていて、三種の神器のひとつ「草薙の剣」はこの草薙神社に祭ってあると思い込んでいた。
こんな小さな神社に保管していて大丈夫なのかと本気で心配した。

〈このあたりで日本武尊は焼き討ちにあった〉

勘違いとは恐ろしいもので、このような小さな神社に保管してあるわけがない。実際は、ずっと後に行くことになる宮宿(今の名古屋市)の熱田神宮に保管してあるのだった。

ここで、三種の神器に関するおさらいをしてみよう。
三種の神器とは・・・

八咫鏡(ヤタノカガミ)、八尺瓊勾玉(ヤサカニノマガタマ)天叢雲剣(アメノムラクモノツルギ)またの名を草薙剣(クサナギノツルギ)の三つをいう。
前者二つは天の岩屋戸に隠れた天照大神(アマテラスオオミカミ)を外界に連れ出すための呪術に使われたと言われ、伊勢神宮に奉ってある。草薙剣は、後に天照大神に奉り、日本武尊の東国征服に大いに役立ったといわれる。
この三種の神器は天皇家の祖「ニニギノミコト」が、天界から光臨した際、天照大神より授けられたものだという。


〈いくらなんでも三種の神器の草薙の剣が・・・〉

というわけで、東海道からはずれて1.2キロも歩いたので、帰りはバスで帰ることにした。
あらかじめバスの時刻表で調べてあったので、バスはあまり待たずに乗ることができた。
東海道沿いの大鳥居のところまでバスで戻ると、また旧東海道を探しながら歩く。
草薙駅を右に見て、県総合運動場の脇を西に向かう。

この先の線路を渡って、線路の右に出なければならないのだが、道がわからず陸橋を越えた。どうも地下道をくぐって
線路の右に出るのが正解だったらしい。

静岡鉄道の「長沼駅」を過ぎると右手に「護国神社」の大きい森が見えてきた。
「柚木駅」を通りすぎると、旧東海道がJR東海道線で行き止まりになっている。

ほとんどの旧道は、踏み切りで分断されても続いているものだが、この道は本当にブチッと切れたままそこでなくなっている。
仕方がないので、迂回して続きの旧東海道を探す。

【第19次 府中宿 徳川家康が少年期と晩年を過ごしたところ】

この先からは「府中宿」だ。
駿河国の国府が置かれたところから「駿府」とも言われる「府中宿」は、徳川家康が少年期と晩年を過ごしたところで、
また十返舎一九が生まれたところでもある。

喜多さんは隣の江尻で生まれたことになっているが、弥次さんはこの府中で生まれたことになっている。
東海道中膝栗毛の作者は、自分の生まれ故郷を弥次さんの出生地にしたのであろう。


この辺りは、空襲で焼けたのであろうが、江戸時代から残っているような史跡は見当たらない。
家並みも新しい家ばかりだ。


府中の商店街を抜けたところの公園で、鳩がいたので喜多さんがクリームパンを投げてやったら、集まるわ、集まるわ。
鳩だけでなくカラスまでもが集まってきた。

鳩は足にも乗ってきて、奪い合いをしながら食べるので、くちばしがクリームパンのクリームまみれになっていた。

200年続く安倍川もちの石部屋

この先には、安倍川があり「安倍川餅」で有名な「石部屋」が200年前から餅を売っている。

石部屋で「あべ川餅」と「からみ餅」を食べた後で、この安倍川餅を作っている無愛想な若主人と話をした。
教えてもらったところによると、この店は200年前から続いているそうで、いまだにこうして全部手作りで餅をくるんで作っているそうだ。餡で包んだ餅と黄な粉をまぶした餅もうまかったが、わさび醤油で食べる「からみ餅」もうまかった。

店を出るときに、安倍川駅に行くにはどうしたらいいか聞いたら「静岡駅の方が近いよ」と教えてくれたが、無視して安倍川を越えることにした。
ただの観光客に見えたのだろうが、京都を目指す旅人だということは黙っていた。


〈200年続く安倍川もちの石部屋〉
安倍川義夫(よしおではない、ぎふと読む)

石部屋のとなり、安倍川の手前に「安倍川義夫碑」がある。

紀州の旅人が、こつこつためた150両を、旅の途中で川の渡し賃をケチって歩いて渡るときに川に落としてしまった。
それを拾った川越人夫の喜兵衛は財布をもって追いかけ、宇津ノ谷峠で探していた落とし主に出会い財布を返した。
旅人は礼金を申し出たが、喜兵衛は受け取らなかったという。
旅人はそのままでは気持ちがすまないから、お役所に申し出たところ、喜兵衛はお役所から呼び出されてほめられた上に、褒美をもらったという。


〈石部屋のからみ餅とあべ川餅〉

今日のところは、安倍川駅から帰ることにして、途中出会ったおばあさんに駅への道を聞いたら、押していた自転車のスタンドを立てて丁寧に教えてくれた。

教えてくれた道の途中には「赤い橋」があると言っていたが、ついに「赤い橋」は見当たらなかった。どうも教えてもらった道とは違う道を歩いたらしいが、無事に「安倍川駅」にたどりついて、先ほど石部屋で買った「安倍川餅」を息子のお土産にして青春18キップで帰る。

息子は「赤福」や「福太郎餅」などのあんこの餅が大好物なのだ。一方、音大2年生の娘はあんこも餅もまったく食べない。同じように育てたのに、食べ物の好みがまったく違うのはどうしてだろう。

写真は、府中(静岡市内)で見かけた「しぞーかおでん」屋ばかりが集まっているおでん街。
夕方だったら入ってみたかった。


〈しぞーかおでん屋さんが大集合〉
目次
inserted by FC2 system